壺中庵の歴史

一、庭園の由来
東京白金台の自然の丘陵と水地を利用して作られたここ(現在の八芳園)には、江戸時代初期に天下のご意見番と呼ばれた大久保彦左衛門の屋敷がありました。最晩年の地としてここを選んだ彦左衛門に、初代将軍 徳川家康より下賜された山茱萸(さんしゅゆ)の木が今も園内に残っています。
その後、幕末の島津式部の抱え屋敷、松平薩摩守の下屋敷などの時代を経て、明治の大実業家 渋沢栄一の従兄弟に当たる渋沢喜作の所有となりました。当時は梅園として整えられ、現在でも毎年、梅の老木がその可憐な花を咲かせています。

二、久原房之助~八芳園
明治から大正にかけて時代が変わるにつれ、喜作からこの土地を譲り受けたのが日立製作所などの基礎を築いた久原房之助でした。
房之助は喜作が建てた書院を自らの居室とし、これにつなげて洋風の応接間(現在の蘭の間)を増築し、12,000坪に及ぶ庭園を整えることに着手しました。房之助の庭園への思い入れは相当なもので、園内には千年以上前の仏塔や平宗貴が滅亡した平氏一族の供養のために自ら刻んだという石灯籠、鎌倉時代の十三塔などをしつらえ、今もなおその景観を残しています。

戦後の混乱も少しずつ落ち着きを取り戻した1950(昭和25)年、この広大な庭園を個人のためだけに置いておくのは時代にそぐわないと考えた房之助は、当時、銀座とその周辺で割烹などを経営していた長谷敏司に庭園の一部と屋敷を提供して飲食店が開業しました。これが「八芳園」のスタートです。

三、料亭「壺中庵」
現在の壺中庵は、当初“日本館”と呼ばれていました。敷地の北~南にかけて3棟の建物を連ね、それぞれから望む景観を大きく変化させるよう建てられた秀逸な眺望は、若くしてこの地を訪れた故遠藤周作氏に中国故事「壺中の天」を連想させました。これは壺の中には仙人が住み、宮殿楼閣を成して山海の珍味を楽しむ、桃源郷のような別天地があるといった故事です。壺中庵とは、1994(平成6)年、その故遠藤周作氏により命名されました。また、壺中庵の扁額(表札)は、日展評議員でかな書道の大家東山一郎氏によるもので、筆はもとより、自ら版木で彫った大家手作りの逸品です。

写真01写真02写真03

八芳園 料亭 壺中庵|東京都港区白金台1-1-1 電話 03-3441-8888

採用情報サイトマップ

八芳園